イロネンがステンソンを下しマッチプレーの頂点へ

Eine kleine Beschreibung des Forums.

イロネンがステンソンを下しマッチプレーの頂点へ

Beitragvon akentanlid » 22. Okt 2014, 07:58

イロネンがステンソンを下しマッチプレーの頂点へ
◇欧州男子◇ボルボワールドマッチプレー選手権 最終日◇ロンドンGC(イングランド)◇7026ヤード(パー72)
5日間の真剣勝負を最後まで勝ち抜いたのはミッコ?イロネン(フィンランド)だった。世界ランキング5位のヘンリック?ステンソン(スウェーデン)と決勝戦を戦ったイロネンは、序盤こそ互角の戦いをしたが、後半に入ると主導権を握った。終盤、ステンソンも2ホールを奪い応戦したが、3アンド1でイロネンが優勝を果たした。

準決勝でジュースト?ルイテン(フランス)と対戦したイロネン。g25 アイアンその試合では1番を奪ったイロネンが優位に立っていたが、中盤から形勢逆転。13番で1ダウンとなった。しかし、14番から4ホールで3ホールを奪い2アンド1で決勝へコマを進めた。

一方のステンソンはジョージ?クッツェー(南アフリカ)との対戦で、互いの取って取られてのシーソーゲーム。最終18番オールスクエアで迎え、ステンソンがこのホールを奪い1アップで勝利した。

また、決勝戦よりも一足早く行われた3位決定戦は、18ホールでは決着がつかず、キャロウェイX2 HOTアイアン19ホール目をルイテンが奪い3位となった。
akentanlid
 
Beiträge: 15
Registriert: 09.2014
Geschlecht:

Zurück zu "1. Forum"

 

Wer ist online?

Mitglieder in diesem Forum: 0 Mitglieder und 1 Gast

cron